Microsoft、ファイルエクスプローラーのダークモードの不具合を修正

S 20210528 103416

MicrosoftはWindows 10にダークモードを導入し、組み込みアプリのファイルエクスプローラーもアプリのダークモードが有効な場合は、背景が暗い色で表示されます。

ダークモードは人気の機能ですが、後から導入された機能であることもあり、まだビジュアルスタイルは完璧ではありません。例えばファイルエクスプローラーの検索ボックスで、黒い背景に黒いUIで表示される場合があり、何かを検索しようとしても入力した内容が分からないという問題が指摘されています。

幸い、この問題をMicrosoftが認識し、Windows Insider Program参加者向けに公開されているWindows 10 Insider Preivew Build 21390で修正していることがわかりました(Softpedia)。

同ビルドの修正内容には以下のような項目が含まれています。

We fixed an issue where when using dark mode, the text in the File Explorer search box would be black on a black background. Please note this only addresses this dark theme issue in File Explorer, we are continuing to investigate a second issue impacting dark theme when using Search in the taskbar.

ダークモードを使用すると、ファイルエクスプローラーの検索ボックスのテキストが黒い背景に黒く表示されるという問題を修正しました。なお、今回の修正はファイルエクスプローラーのダークテーマの問題にのみ対応しており、タスクバーの「検索」を使用した際にダークテーマに影響を与える2つ目の問題については引き続き調査を行っています。

ファイルエクスプローラーはWindows 10の大型アップデートである「Sun Valley」で刷新が期待されるアプリの1つです。今回のダークモードの修正におさまらず、さらに大規模な変更が加えられることになるのかもしれません、

スポンサーリンク