Microsoft、Windows向けの緊急パッチを公開、VPN接続、ドメインコントローラーの再起動、Hyper-Vが起動しない、ReFSボリュームにアクセスできない等の不具合を修正

  • URLをコピーしました!

S 20220118 93811

Microsoftは1月17日(現地時間)、Windowsの各バージョンに対し、定例外の更新プログラムを公開しました(Windows message center)。

2022年1月の月例更新プログラムを適用した環境で発生していたVPN接続の問題や、Windows Serverのドメインコントローラーが再起動する問題、Hyper-V仮想マシンの起動に失敗する問題、ReFSフォーマットのリムーバブルメディアのマウントに失敗する問題等に対処するものとなっています。

Windows Updateでオプションの更新プログラムとして提供されていて、該当の環境では、Windows Updateから手動で更新プログラムをダウンロード、インストールすることができます。

対象のWindowsは以下の通りです。

  • Windows 11, version 21H1 (original release): KB5010795
  • Windows Server 2022: KB5010796
  • Windows 10, version 21H2: KB5010793
  • Windows 10, version 21H1: KB5010793
  • Windows 10, version 20H2, Windows Server, version 20H2: KB5010793
  • Windows 10, version 20H1, Windows Server, version 20H1: KB5010793
  • Windows 10, version 1909, Windows Server, version 1909: KB5010792
  • Windows 10, version 1607, Windows Server 2016: KB5010790
  • Windows 10, version 1507: KB5010789
  • Windows 7 SP1: KB5010798
  • Windows Server 2008 SP2: KB5010799

また以下のバージョンに対してはMicrosoft Updateカタログのみで提供されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる