Microsoft、Windows 11のタスクバーの新しい検索スタイルを模索中

S 20220719 102954

MicrosoftはWindows 11でタスクバーの刷新を行いました。

各種のスタートボタンやアプリのアイコンが中央揃えとなり、モダンな印象となった反面、Windows 10では利用可能だった各種機能が省略され、デザインよりも機能を重視する一部のユーザーは不満を募らせています。

Microsoftはこの問題を解決するため、Windows 11のタスクバーの検索機能を改善する新しい検索ボックスのテストを開始しています。

改良が待たれるWindows 11のタスクバー

Windows 11 Insider ProgramのDevチャンネルビルドでは、一部のユーザーを対象に以下のような何種類かの新しい検索ボックスのスタイルのテストが行われています。

Search button taskbar variants

Windows 11の検索ボックスは、Windows 10のものと似ていますが、外観はWindows 11のモダンなUIにフィットするように整えられています。検索ボックスの機能は既存の検索機能を呼び出すもので、アプリやゲーム、ドキュメント、画像、Web等を検索することができるようです。

検索ボックスによって、現状よりは効率よく検索することができるようになりそうですが、実際のところ、タスクバーの検索ボックス機能はユーザーから最も要望の多い改善項目ではありません。例えばタスクバーの表示位置の変更機能を要望するユーザーが多いのが事実です。

Windows 10と同様の機能がすぐに復活すると期待しているユーザーも多かったのですが、タスクバーの改良がなかなか行われない現状を考えると、Microsoftの中の優先度は低いのかもしれません。

スポンサーリンク