Microsoftが「Windows 11」をほのめかす

Microsoft Windows 10 vNext

Microsoftは米国時間6月24日11時(日本時間6月25日0時)よりオンラインイベント「what’s next for Windows」を開催します。

発表の内容は不明ながら、Windows 10の次期メジャーアップデートである「Sun Valley(コードネーム)」の詳細が明らかになるのではと予想されていた中、このアップデートが「Windows 11」という名前として公開されることになるのではないかとの噂が広がっています(The Verge)。

根拠の1つとなっているのがイベントの招待状の画像で、Microsoftは窓から差し込む光を意図的に2本の縦棒に変更して(横の影が無視されています)、数字の11を示唆しているのではないかと指摘されています。

また信頼性の高いリーカーEvan Blass氏も、以下のようにつぶやいています。

MicrosoftのSatya Nadella CEOは以前、Windows 10がWindowsの最後のバージョンになると述べ、以降はOSが継続的に更新されるようになると説明しました。実際Windows 10は年2回の機能アップデートによって更新され続けているなか、本当に「Windows 11」が登場することになるのでしょうか。

スポンサーリンク