Netflixがパスワード共有の取り締まりを強化し、追加料金の支払い方法のテストを開始

PaidSharing 936x622

Netflixが同じ世帯に住んでいない人々の間で広く行われているパスワード共有を取り締まり、世帯外でパスワード共有している場合に追加料金の支払いを促す方針を発表しました(The Verge)。

製品イノベーション担当ディレクターのChengyi Long氏はブログで、本来世帯内でのみ許されているNetflixアカウントの共有機能が人気がある反面、共有可能な事例について混乱が生じており、アカウントが世帯間で共有されていると説明しています。

We’ve always made it easy for people who live together to share their Netflix account, with features like separate profiles and multiple streams in our Standard and Premium plans. While these have been hugely popular, they have also created some confusion about when and how Netflix can be shared. As a result, accounts are being shared between households - impacting our ability to invest in great new TV and films for our members.

スタンダードプランとプレミアムプランでは、別々のプロフィールやマルチストリームなどの機能により、同居している人がNetflixアカウントを共有することを容易にしてきました。これらは非常に好評ですが、一方で、Netflixをいつ、どのように共有できるのかについて、若干の混乱を生じさせています。その結果、アカウントは世帯間で共有され、会員のために新しいテレビや映画に投資する能力に影響を及ぼしています。

同氏は、世帯間でNetflixアカウントを共有する会員が簡単かつ安全に、「少し多めにお金を払って」アカウントを共有できる方法を考えてきたとし、数週間後、チリ、コスタリカ、ペルーのメンバー向けに2つの新機能を発表しテストする予定だと述べています。

新機能の一つは「エクストラメンバーを追加する」機能で、スタンダードプランとプレミアムプランのユーザーが、同居していない2名までのサブアカウントを追加することができるというものです。料金はチリで2,380CLP、コスタリカで2.99米ドル、ペルーで7.9ペニーに設定されています。

もう一つは「プロフィールの転送」機能で、ベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランのユーザーが利用できます。これはアカウントを共有するユーザーが閲覧履歴、マイリスト、パーソナライズされたおすすめ情報を自分の新しいアカウントやエクストラメンバーのサブアカウントに転送できるようにするものです。

Netflixはストリーミングサービスの競争の激化に対応するため、最近相次ぐ値上げを実施しており、2022年1月にも米国ですべてのプランを値上げしています。

スポンサーリンク