「ping」のかわりに利用できる「pingu」コマンドが可愛すぎると話題に

173192079 a6229925 2575 476c 9bb1 b5f0c6e2dbfc

ホストの生死を確認することができる「ping」コマンド。

シンプルながら実用的なコマンドとして、ネットワーク管理にはなくてはならい存在ですが、もう少し遊び心があっても良いかもしれません。本日紹介する「pingu」は、pingに少しの遊び心を加えたオープンソースソフトです。

pingと同様に、指定したIPアドレス/ホストから応答があるかどうかを確認できるだけでなく、使用中に、ターミナルに世界一有名な「ピングー」が現れるという特徴を持っています。

MITライセンスを採用したGo言語製のオープンソースソフトで、Windows/macOS/Linuxといったマルチプラットフォームに対応しています。

pinguの使用方法

pinguの実行ファイルをGitHubからダウンロードします。macOSの場合、中に含まれる実行ファイル「pingu」をFinderから右クリックで開いて実行許可を与えておきます。

ターミナルで「pingu IPアドレス/ホスト」を実行すると、IPアドレス/ホストから応答がある場合、次のように徐々にピングーが姿を現します。

S 20220614 202837

▲明るい背景の場合もきちんと描画されました。

pinguには本家pingのような複雑なオプションは準備されていません。

$ ./pingu -h
Usage:
  pingu [OPTIONS] HOST

`ping` command but with pingu

Application Options:
  -V, --version  Show version

Help Options:
  -h, --help     Show this help message

ちなみに、本家ping(macOS Monterey版)で指定可能なオプションはこちら。

$ ping
usage: ping [-AaDdfnoQqRrv] [-c count] [-G sweepmaxsize]
            [-g sweepminsize] [-h sweepincrsize] [-i wait]
            [-l preload] [-M mask | time] [-m ttl] [-p pattern]
            [-S src_addr] [-s packetsize] [-t timeout][-W waittime]
            [-z tos] host
       ping [-AaDdfLnoQqRrv] [-c count] [-I iface] [-i wait]
            [-l preload] [-M mask | time] [-m ttl] [-p pattern] [-S src_addr]
            [-s packetsize] [-T ttl] [-t timeout] [-W waittime]
            [-z tos] mcast-group
Apple specific options (to be specified before mcast-group or host like all options)
            -b boundif           # bind the socket to the interface
            -k traffic_class     # set traffic class socket option
            -K net_service_type  # set traffic class socket options
            --apple-connect       # call connect(2) in the socket
            --apple-time          # display current time

まとめ

pinguはpingのかわりに使用できる楽しいツールです。オプションは少ないですが、普段から「ping 192.168.0.1」ぐらいしか使っていないという方ならば実用性もあると思います。

スポンサーリンク