人気ゲーム「Valorant」をWindows 11でプレイするためには TPM 2.0とセキュアブートが必要

  • URLをコピーしました!

WIN Start GenZ Light 16x10 en US 1024x640

Riot Gamesの対戦型マルチプレイヤーゲーム「Valorant」をWindows 11でプレイする場合、TPM(Trusted Platform Module)2.0とセキュアブートが要求されることがわかりました(Neowin)。

正確にはゲームのセキュリティを管理する「Vanguard Anti-Cheat」によるチェックが行われるようで、要件を満たしていない場合以下のような警告ダイアログが標示されます。

1630826398 valorant vanguard tpm 2 0 source anti cheat police department twitter

Riot Gamesは最近、Windows 11用にVanguard Anti-Cheatを更新しており、そこでTPM 2.0とセキュアブートの要件が追加されたとみこまれています。なおこの変更はWindows 11だけに影響し、Windows 10を搭載したPCでは引き続きValorantがプレイ可能です。

Windows 11の最小システム要件には、TPM 2.0やセキュアブートが含まれており、要件を満たしたシステムだけがサポート対象として、セキュリティ更新プログラムや、機能アップデートが提供されます。要件満たさない場合でも、ISOファイルを用いた手動アップグレードは可能とのことですが、この場合サポート対象外となり、更新プログラムが確実に提供される保証もありません。

Riot Gamesからこの件に関する公式な発表はありませんが、チーターを確実に防ぎたいゲームメーカーにとって、Windows 11の強化されたセキュリティ機能が今後有効活用されていく可能性がありそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる