スタートメニューにウィジェットを統合したWindows 11のコンセプト

Windows 11 concept

MicrosoftはWindows 11でOS全体のUIの刷新を行いました。特に画面中央に配置され新しいスタートメニューが注目を集めていますが、外見がすっきりした反面、カスタマイズ性が限られているなど、機能の面では不満を覚えるユーザーも多数存在するようです。

今回、このWindows 11のスタートメニューに「ウィジェット」を統合したらどうなるかを具現化したコンセプト画像が公開されています(MSPoweruser)。

Windows 11のスタートメニューにウィジェットが統合されることで、アプリのアイコンとライブタイルが混在したWindows 10のスタートメニューから自然に移行でき、ウィジェットとアイコンの混在に親しんでいるAndroidユーザーにとっても親しみ安いという利点があるとのこと。ウィジェットを独自のボタンをクリックして表示する現行の方法より、スタートメニューに配置することで素早く使用できるというメリットも存在します。

スタートメニューを水平方向にスクロールできるようにすることで、Androidのホーム画面にさらに似せることもできるとMSPoweruserは指摘しています。

Windows 11のリリースは10月5日に迫ってきており、今更スタートメニューが変更される事は考えづらいですが、今後の機能アップデートで何らかの改良が行われる可能性は考えられます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる