Windows 11 Insider Preview Build 22610がリリース - Dev/Betaチャンネル向け、スタートの修正など

S 20220430 95802

Microsoftは本日、Windows 11のプレビュービルド「Windows 11 Insider Preview Build 22610」を、Windows Insider ProgramのDev/Betaチャンネル向けにリリースしました(Windows Blog)。

本ビルドの注目点は以下の通りです。

  • IT管理者向けの新しいグループポリシーが導入され、Family Safetyウィジェットが更新された。
  • 全体的なエクスペリエンスを向上させる、もうひとつの優れた修正も含まれている。
  • Windows Insiderに影響する2つの新しい既知の問題が含まれている。詳細は既知の不具合のリストに。
  • このビルドに対応するSDKは公開されない。

Devチャンネルで公開されるビルドは、将来の機能アップデートで追加される可能性のある、さまざまな新機能が先行して実装されています。特定のリリースとは直接結びつけられておらず、ビルドに含まれる新機能や改善点は、準備が整い次第、将来のWindowsリリースに反映される可能性があります。

Windows Insider Programの更新オプションでDev/Betaチャンネルを選択し、Windows 11のプレビュー版を使用しているユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます。

Build 22610の新機能

Build 22610の新機能は以下の通りです。

IT管理者向けの新しいMDMとグループポリシーの追加

スタート、タスクバー、システムトレイなどのWindows 11のエクスペリエンスを簡素化できる新しいポリシーを導入。以下のポリシーが本日から利用可能に。

  • Disable Quick Settings flyout
  • Disable Notification Center and calendar flyouts
  • Disable all taskbar settings
  • Disable search (across Start & taskbar)
  • Hide Task View from taskbar
  • Block customization of ‘Pinned’ in Start
  • Hide ‘Recommended’ in Start
  • Disable Start context menus
  • Hide ‘All apps’ in Start

Family Safetyウィジェットの更新

Family Safetyウィジェットのアップデートを展開し、Family Safetyアプリを使用している家族の場所がわかる、新しい位置情報共有ビューを導入。

Family safety location

また、メンバーロールに含まれる人向けの新しいアップデートもあり、アプリやデバイスをまたいだスクリーンタイムの使用状況の表示が改善された。

その他、Windows 11 Home EditionのDevおよびBeta Channelビルドで、SMB1クライアントをデフォルトで無効にする変更や、ロック画面のバッテリーアイコンのデザインの更新(タスクバーのものと統一)も行われています。

Lock screen battery

公式ブログには細かな不具合の修正内容や、既知の不具合もリストアップされていますので、インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク