Wine 7.12がリリース - Qt5アプリケーションのテーマ設定のサポートや、VKD3D v1.4の導入

S 20220702 83458

Wine開発プロジェクトは7月1日(現地時間)、2週間に1回定期的にリリースされている開発版Wineの最新版「Wine 7.12」をリリースしました(Phoronix)。

WineはLinuxやMacでWindows用のプログラムを動作させるためのソフトウェアです。Wine 7.12では、Qt5アプリケーションのテーマ設定のサポートや、VKD3Dのv1.4へのアップグレードなど、さまざまな機能の追加や改良が行われています。

主な変更点は以下の通りです。

  • Qt5アプリケーションのテーミングをサポート。
  • バンドルされているvkd3dがv1.4にアップグレードされた。
  • Direct2Dのエフェクトのサポートが改善。
  • レジストリツールにおけるQWORDのサポート。
  • 様々なバグフィックス。

その他13件の既知の不具合の修正が行われており、これには、Star Citizenのようなゲームや、Wiresharkのようなアプリケーションに関連した問題が含まれています。

Wine 7.12に関する詳細は公式ニュースで確認可能です。

タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク