Appleが「WWDC22」で発表する5つの重大なソフトウェア機能とは

Apple WWDC22 announcement hero

Appleは6月6日から10日かけて開発者会議「WWDC22」を開催します。

WWDC22では、iOS 16、iPadOS 16、watchOS 9、tvOS 16、macOS 13が発表されると見込まれているなか、これら新しいオペレーティングシステムに追加される5つ新機能を9to5Macが予想しています。

それらの新機能は以下の通りです。

iOS 16でフォーカスモードが刷新される

 

iOS 15でAppleはフォーカスモードを導入した。フォーカスモードは気を散らすものを減らして集中できるようにする機能。iOS 15.5に追加された文字列は、iOS 16でフォーカスモードがさらに改良される可能性を示している(許可リスト機能)。

Using an allowed list for this Focus will cause these settings to be lost on your other devices with newer software.

このフォーカスで許可リストを使用すると、新しいソフトウェアを搭載した他のデバイスでこれらの設定が失われます。

A device with newer software has updated this Focus to use a new configuration this device doesn’t support. To continue editing notifications on this device, update to the latest software or use an allowed list for this Focus.

新しいソフトウェアを搭載したデバイスが、このデバイスがサポートしていない新しい設定を使用するように、このフォーカスをアップデートしました。このデバイスで通知の編集を続けるには、最新のソフトウェアに更新するか、このフォーカスの許可リストを使用します。

WWDC 2022で注目されるウォッチフェイス

Apple watch series7 availability hero 10052021

Bloombergの報道によると、Appleが多くの内蔵ウォッチフェイスのアップデートを準備中とのこと。Mark Gurman氏は、Appleが今年、ウォッチフェイスの「多くをリフレッシュする」ことを目指していると指摘。

iPadOS 16に適切なマルチタスクインターフェイスが搭載される

毎年、AppleがiPadOSに適切なマルチタスクインターフェイスを搭載すると噂されている。スライドオーバーやスプリットビューでは不十分で、例えばウィンドウのサポートは、より大きなスクリーンを持つiPadのエクスペリエンスを本当に改善するための最も確実な方法だと考えられる。

BloombergのMark Gurman氏は、AppleがiPad Pro向けに「プロ」モードを搭載する可能性を示唆しており、大きな画面で作業することを好む人々にとって素晴らしい追加機能だろうと説明している。

iOS 16とiPadOSの通知システムの刷新

BloombergのMark Gurman氏は、自身のニュースレター「Power On」の4月号で、iOS 16が「通知の更新を含む、全体的にかなり大幅な強化」をもたらすと説明している。

Appleは過去2年間、iOSの通知システムに多くの変更を加えてきたが、同社はまだiOS全体の通知の実装に満足しておらず、WWDC 2022に向けてさらなる変更を計画しているとのこと。

M1 MacにフォーカスするmacOS 13

macOS 12 Montereyで、AppleはすでにM1 Mac向けの専用機能を多数導入した。すでにIntelから自社製チップへの移行が終了しているため、macOS 13ではIntel Macではなく、M1向けの機能にさらに注力すると予想される。

iOS 16、iPadOS 16とあわせた通知の刷新や、ホーム画面のどこでも利用できるウィジェットのサポート、ユニバーサルコントロールの改善などが予想されている。

まとめ

WWDCで発表されるOSの新機能が何になるのか期待したいと思います。