Apple、次世代のAppleシリコンプロセッサ「M2」の量産を開始か

Applesilicon

Appleの次世代Mac用プロセッサ「M2(仮名)」が今月から量産に入ったと、日経アジアが報じています(MacRumors)。

M2の生産には少なくとも3ヶ月が必要で、Appleの次期MacBookへの搭載が間に合うように、はやければ7月にも出荷が開始されるだろうと、同紙の情報筋は語っています。

The next generation of Mac processors designed by Apple entered mass production this month, sources familiar with the matter told Nikkei Asia, bringing the U.S. tech giant one step closer to its goal of replacing Intel-designed central processing units with its own.

Shipments of the new chipset -- tentatively known as the M2, after Apple's current M1 processor -- could begin as early as July for use in MacBooks that are scheduled to go on sale in the second half of this year, the people said.

AppleのM1プロセッサは、昨年末に発売されたMac mini、MacBook Air、13インチ MacBook Proに搭載され、大幅な性能向上とバッテリー効率の改善をもたらしました。また先週発表された24インチのiMacと新しいiPad Proにも、5nmベースのM1プロセッサが採用されています。

M2の性能がどれほど向上するかは不明ですが、2021年第2四半期に発表が見込まれる14インチ/16インチのMacBook Proや、今年後半に登場が予想される27インチiMacに搭載される可能性があります。