WhyNotWin11 - Windows 11互換性を確認できるサードパーティ製ツール

S 20210626 202204

Microsoftが先日発表した「Windows 11」は動作可能なハードウェアの最小要件が変更されています。

CPUの世代や、RAM、ディスクの空き容量といった分かりやすい項目はともかく、セキュアブートやTPM 2.0など一般ユーザーにとってなじみのない項目が必須となっており、混乱しているユーザーも多い模様です。

本日紹介する「WhyNotWin11」はそんなWindows 11とPCの互換性を確認できるオープンソースツールです。

Microsoftが提供している「PC正常性チェック」と比較すると、要件ごとにOKかNGかが表示される分かりやすい設計となっています。

以下使用方法を説明します。

WhyNotWin11の使用方法

GitHubのリリースページから最新のWhyNotWin11.exeをダウンロードします。ブラウザのセキュリティ機能や、Windows 10のSmartScreenでブロックされた場合「継続」を選択してダウンロードして下さい。

実行すると自動的にチェックが始まります。

Usage1

▲赤がNGの項目、緑がOKの項目、黄がチェック中の項目です。

Usage2

▲しばらくするとチェックが完了します。上図の場合、赤の項目がいくつかありWindows 11との互換性がないことがわかります。

なお記事執筆時WhyNotWin11がOK/NGの根拠としている条件は、公式サイトに掲載されています。

S 20210626 203452

この情報自体はMicrosoftの公式ドキュメントに則ったもので随時更新されている模様です。例えばTPMの要件に関しても、TPM 2.0が推奨ではなく必須になるという最近の変更に対応しています。

まとめ

WhyNotWin11を使用すれば、現在のPCがWindows 11と互換性があるのかどうか素早く確認することができます。今後情報が変更される可能性はあるものの、ハードウェアの買い換え計画などに活かすことができそうです。

タイトル WhyNotWin11
公式サイト https://github.com/rcmaehl/WhyNotWin11
ソフトアンテナ https://softantenna.com/softwares/7666-why-not-win11
説明 PCがWindows 11と互換性があるかどうかをチェックできるユーティリティ。