Apple、Google、Mozilla、Microsoftが協力してブラウザ拡張の改良を推進

Safari Apple

Appleが、Google、Mozilla、Microsoftと協力し、Safari、Chrome、Firefox、Edgeで動作するユニバーサルブラウザエクステンションの改善に取り組んでいることがわかりました(9to5Mac)。

Appleは昨年6月、macOS版のSafariにWebExtension APIのサポートを追加しました。このAPIは、ChromeやEdgeなど異なるWebブラウザで同じ拡張機能を提供することを可能とするクロスプラットフォーム技術です。

CNETは、Appleを初めとする大手ハイテク企業が、Webブラウザ間の際を減らすことで、Web拡張機能の開発を容易にする方法について、World Wide Web Consortium(W3C)で議論しており、ユニバーサル拡張機能が、Safari、Chrome、Firefox、Edgeで問題なく動作するようになることを目指していると報じています。

“We aim to identify common ground, bring [browsers] into closer alignment, and chart a course for future evolution,” community group members said of their goals.

今後すべてのWebブラウザが同じものになるというわけではないものの、ユーザーがどのブラウザでもお気に入りの拡張機能を使えるようにするため、Web拡張機能の標準化が進められているそうです。

AppleはWWDC 2021でSafariの大きなアップデートを発表すると見込まれており、ユニバーサルブラウザエクステンションに関する新たな発表が行われる可能性もありそうです。