Microsoft、macOSのEdgeのアップデート方法を変更

S 20210312 105123

MicrosoftがmacOS上のEdgeブラウザのアップデート方法を変更することを発表しました(Neowin)。

現在、EdgeはOfficeアプリのアップデートに使われる、Microsoft AutoUpdateを使用していますが、ユーザーからのフィードバックに基づき、他のプラットフォームのEdgeと同じように動作するようになるとのことです。

Microsoftには3つの重要な意見が寄せられています。まずAutoUpdateは主にOfficeアプリのためのものなので使うと混乱するというもの。またedge://settings/helpはAutoUpdateで表示される内容と必ずしも一致していないというコメントもあります。最後にアップデートの速度が遅く、最新版を適用するまで時間がかかるとも指摘されています。

Windows上ではEdgeはバックグラウンドで更新を行い、アップデートを適用するとブラウザは自動的に再起動されます。macOS上のEdgeも今後も同じような動作になり、Edge独自にアップデートが行われるようになります。

スポンサーリンク