Windows 10の3つのバージョンがサポート終了

Windows 10 logo

Microsoftは毎月第2火曜日(米国時間)にサポート対象となるすべてのWindowsバージョンに対して累積的な更新プログラムを公開しています。今月はWindows 10 Version 1909/1809/1803が何らかの形でサポートの終了を迎えるため注意が必要かもしれません(Neowin)。

バージョン毎に細かな終了条件は異なっており、まとめると以下のようになっています。

  • Windows 10 Version 1909: Home、Pro、Pro for Workstations、Pro Education。
  • Windows 10 Version 1809: Long-Term Servicing Channel (LTSC)を除くすべてのエディション。
  • Windows 10 Version 1803: すべてのエディション。

複数のWindows 10のバージョンが同日にサポート終了となる理由は、Microsoftがパンデミックの影響を考慮し、Windows 10 Version 1803のEducation/Enterpriseエディションのサポートを半年間延長したためです。コンシューマー向けのSKUのサポートは2019年11月に終了した一方、当初から30ヶ月のサポートが約束されていたエンタープライズ・エデュケーション向けSKUのサポート期間は、2020年11月から2021年5月に延期されました。

サポート期間終了後はセキュリティアップデートが受け取れなくなるため、一般ユーザーの方で、Windows 10 Version 1909を使っていると言う方は、はやめにVersion 2004/20H2にアップグレードすることをすすめします。