Microsoft、Windows 11が動作している非互換デバイスの締め出しを開始

BetaWiki 1432806974022995971 20210901 054617 img1

今年の後半にリリースが予定されている「Windows 11」は、最小システム要件がかなり厳しく設定されています。Intel第8世代Core(一部第7世代)またはAMD Ryzen 2000以降のCPU、TPM 2.0、UEFI、セキュアブートなどの条件が設定されており、Windows 10からアップグレード不可能なPCも多数存在することが予想されます。

Windows Insider Programに参加しているマシンは、これまでこの条件が緩和されていましたが、今回、この例外処理が撤廃され、非互換デバイスでWindows 11を使用しているWindowsインサイダーに対し、Windows 10にダウングレードするよう通知が始まったことが分かりました(MSPoweruser)。

BetaWikiによると、該当するデバイスのWindows Insider Programの設定画面に、以下のような注意が表示されるそうです。

Your PC does not meet the minimum hardware requirements for Windows 11. Your device is not eligible to join the Windows Insider Program on Windows 11. Please install Windows 10 to participate in the Windows Insider Program in the Release Preview Channel.

お使いのPCはWindows 11の最小ハードウェア要件を満たしていません。お使いのデバイスは、Windows 11のWindows Insider Programに参加する資格がありません。Windows Insider Programに参加するには、Release Preview ChannelでWindows 10をインストールしてください。

現時点では、このアドバイスを無視した場合に何が起こるのかは明らかになっていません。おそらくインサイダー向けのアップデートが受けられなくなる可能性が高いと予想されています。

MicrosoftはサポートされていないデバイスにISOやメディア作成ツールを使用してWindows 11をインストールできることを明らかにしましたが、その場合機能アップデートやセキュリティアップデートを受信することができなくなる可能性があると警告しています。