Windows 11で無くなった機能の一覧

S 20210810 93618

Microsoftが今年の後半にリリースする予定の「Windows 11」では、デザインの刷新を含め、さまざまな新機能が追加されます。UIの変更だけではなく、生産性を高めるための操作性の改善や、Microsoft Storeの機能の拡張も注目されていますが、使用頻度の低い一部の機能は削除されています。

今回Windows 11で削除された機能、現在は使用できない機能の一覧をWindows Latestがまとめています(Microsoftが公開したWindows 11で廃止される機能の一覧はこちら)。

それらは以下の通りです。

目次

Windowsタスクバー

公式ドキュメントによると以下のような機能が使用できない。

  • タスクバーからPeopleアプリのアイコンが削除された。
  • システムトレイに一部のアイコンが表示されない場合がある。
  • タスクバーの位置は画面の下部から変更できない。
  • サードパーティ製アプリケーションはAPIへのアクセスが制限される。アプリからタスクバーの一部の領域をカスタマイズすることができなくなった。

右クリックができない: タスクバーの右クリックメニューが削除された。

S 20210810 93700

ドラッグ&ドロップやサイズ変更: ユーザーがファイルをタスクバーにドラッグ&ドロップして別のアプリで開くことができない。アプリやショートカットをタスクバーにドラッグ&ドロップすることもできなくなった。タスクバーの上端にマウスを置き、ドラッグするだけでサイズを変更することもできない。

タスクバーラベル: タスクバーのボタンラベルが非表示になりアプリのウィンドウが常に結合して表示されるようになった。

クイック設定ジェスチャー

Windows 11では、アクションセンターは通知センターとクイック設定という2つの独立した機能に変更された。

現時点では、クイック設定はジェスチャーに対応しておらず、タブレット使用時にアプリがフルスクリーンモードで開いている場合、クイック設定を開くためには、左スワイプでタスクバーにアクセスし、タスクバーをタップする必要がある。

S 20210810 94300

デスクトップ壁紙ローミング

Windows 11では、Microsoftアカウントでサインインしている場合、デバイス間でデスクトップの背景を同期することができなくなった。

Windowsアプリ

以下のアプリはプリインストールされない。

  • Math Input Panel
  • Wallet
  • 3D Viewer
  • OneNote for Windows 10
  • Paint 3D
  • Skype

スタートメニューのカスタマイズ機能の制限

Windows 11ではスタートメニューのデザインが一新された。ライブタイルが削除され、Windows 10Xでは提供されていたアプリのフォルダも作成できない。サイズも変更できない。

デバイスやクラウド上で最近アクセスしたアプリ/ファイルのリストを表示する「おすすめ」セクションが追加されたが、「おすすめ」セクションを削除したり、折りたたんだりすることはできない(おすすめセクションに表示されている内容を非表示にする方法はこちら)。

まとめ

Windows 11の目玉機能であるスタートメニューとタスクバーのデザインの変更は一部ユーザーの反発を招いているようです。プレビュー版を使用しているユーザーからのフィードバックによっては、今回リストアップした機能が復活する可能性もありそうです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる