Windows 11の機能アップデートは1年に1回 - サポート期間もより長く

WIN Start GenZ Light 16x10 en US 1024x640

Microsoftは先日、次世代オペレーティングシステム「Windows 11」を発表し、2021年後半に一般公開する計画を明らかにしました。

Windows 11はWindows 10の後継OSで、共通する機能を多数搭載していますが、大きく異なる部分も存在します。例えばWindows 10では年に2回の機能アップデートが提供されていたのに対し、Windows 11では年に1回の機能アップデートが提供されるという違いが存在するのです。

gHacksによると、Windows 11の機能アップデートは必ず下半期にリリースされ、サポート期間はコンシューマー版で24ヶ月、エンタープライズ版で36ヶ月となっています。リリース日から18ヶ月あるいは30ヶ月(9月の機能更新プログラムの場合)だったWindows 10と比較すると、6ヶ月間追加でサポートを受けることができるということになります。

Lifecycle FAQによると、エディション毎のサポート期間は以下の通りです。

エディション サポート期間
Windows 11 Enterprise
Windows 11 Education
Windows 11 IoT Enterprise
リリース日から36ヶ月
Windows 11 Pro
Windows 11 Pro Education
Windows 11 Pro for Workstations
Windows 11 Home
リリース日から24ヶ月

なおWindows 11 Homeは機能アップデートの延期がサポートされおらず、サービス終了日の前に自動的にWindows 11の新バージョンを受け取ることになるとのことです。

コンシューマーデバイスでは、Windows 10からWindows 11へのアップグレードは、新しいハードウェア要件を満たしたシステムのみが対象となります。またWindows 10の新しい機能アップデートである21H2も今年の後半に公開される予定です。

機能アップデートの提供頻度が低下することで、Windows 11デバイスの管理に必要な手間が減ることが期待できそうです。