Alder Lakeで発生していたLinuxのバグが修正へ - Windows 11 Ryzen CPPCバグと類似の問題

Intel core 12th gen

Linux開発者Linus Torvalds氏が、Linuxのパフォーマンス・ステート(P-state)に関連した、Intel CPUの重要なパッチをいくつかマージしたことがわかりました(Neowin)。

パッチの中には、最近発見されたIntel Turbo Boost Max Technology(ITMT)の問題に対する修正も含まれています。この問題はAlder Lakeプロセッサがオーバークロック状態で本来の性能を発揮できないというもので、タスク処理と最速コアの優先順位に関連しており、Windows 11で最近発生したRyzen CPPC2のバグと非常によく似たものとされています。

今回のパッチには、ITMTの問題をHWP(ardware-Controlled P-State)の助けをかりて修正するコードが含まれており、intel_pstatの3つの問題に対処されているほか、ハイバネーションに関する2つの問題が修正されています。

修正内容は以下の通りです

These address three issues in the intel_pstate driver and fix two problems related to hibernation.

Specifics:

- Make intel_pstate work correctly on Ice Lake server systems with out-of-band performance control enabled (Adamos Ttofari).

- Fix EPP handling in intel_pstate during CPU offline and online in the active mode (Rafael Wysocki).

- Make intel_pstate support ITMT on asymmetric systems with overclocking enabled (Srinivas Pandruvada).

- Fix hibernation image saving when using the user space interface based on the snapshot special device file (Evan Green).

- Make the hibernation code release the snapshot block device using the same mode that was used when acquiring it (Thomas Zeitlhofer)

変更点の詳細はこちらで確認可能です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる