Apple、「macOS Server」を廃止

Macos server

Appleは本日、macOS Serverが2022年4月21日をもって廃止されることをサポートドキュメントで発表しました(MacRumors)。Appleは数年前からmacOS Serverの段階的廃止を進めており、ついに完全に終了する準備が整ったことになります。

macOS Server 5.12.2が最後のバージョンで、macOS Serverのサービスは今後macOSで提供されます。Caching Server、File Sharing Server、Time Machine Server等の各種のmacOS Serverの機能は、macOS High Sierra以降のmacOSにバンドルされています。

既存のmacOS Serverユーザーは、macOS Montereyで引き続きアプリをダウンロードして使用することができ、AppleはProfile Managerから他のMDMソリューションへの移行に関するサポートドキュメントを用意しています。

To help you migrate from Profile Manager to other MDM solutions, learn about choosing an MDM solution and planning your MDM migration.