CentOS Linux 8のサポートが終了 - サポート期間が2029年から2021年末に短縮された悲劇のバージョン

S 20190925 84838

Red Hat Enterprise Linuxと互換性を持ち、サーバー用OSとして高い人気を集めていたLinuxディストリビューション「CentOS Linux 8」のサポート期間が2021年12月31日に終了しました(Phoronix)。

1年前、Red Hatは、CentOSプロジェクトを終了し、Red Hat Enterprise Linuxの新しいアップストリームとして「CentOS Stream」にフォーカスすることを発表しました。2019年9月にリリースされたCentOS 8は、本来2029年5月31までサポートされる予定でしたが、この発表とともに、2021年12月31日にサポート期間が短縮されることになります(10年から1年に)。

CentOS Linux 8は今後メンテナンスされず、先月公開されたRHEL 8.5に対応する最終ビルドをもって、今後のアップデートは行われない予定です。

CentOSプロジェクトは、CentOS Linux 8ユーザーに対し、CentOS Stream 8への移行をすすめていますが、RHEL互換が売りの、Alma Linux、Rocky Linux、Oracle Linux等に移行することもできます。またRed Hatは開発者や個人が利用できるRHELの無償ライセンスも提供しています。

スポンサーリンク