Chrome 103がリリース - ページ読み込み速度の大幅な改善が期待

S 20220622 94407

Googleは6月21日(現地時間)、デスクトップ版Chromeブラウザの最新版「Chrome 103」をリリースしました(Chrome Releases)。

Chrome 103.0.5060.5 for Windows/Mac/Linux版では、深刻度Criticalの脆弱性1件、Highの脆弱性2件を含む、合計14件の脆弱性が修正されています。キュリティ関連の修正の詳細はChromium Security Pageで確認可能です。

Chrome 103では、ページロードを大幅に高速化するプリレンダリング機能の導入や、ローカルフォントアクセスのサポート、およびWeb ShareでのAVIFファイルのサポートなどの新機能が追加されます。

新しいプリレンダリング機能は、安全ではあるもののパフォーマンス上の大きな利点はなかった「No State Prefetch」を置き換えるもので、このために「103 Early Hints HTTP」レスポンスコードが導入されました。Googleはこの機能を次のように説明しています。

HTTP/2 introduced the concept of server push, a mechanism that allows a server to preemptively send data to the client. Server push was intended to improve site performance. In the years since, developers have generally preferred preloading from the client side of a web interaction. 103 early hints for navigation provides a new way to do that.

HTTP/2は、サーバーがクライアントにデータを先取りして送信する仕組み、サーバープッシュの概念を導入しました。サーバープッシュは、サイトのパフォーマンスを向上させることを目的としていました。それ以来、開発者は一般にウェブインタラクションのクライアント側からのプリロードを好むようになりました。ナビゲーションのための103 early hintは、それを行うための新しい方法を提供します。

これにより、ウェブページの読み込み速度が大幅に向上し、リソースの占有が減り、コードの複雑さが改善されるなどの効果が期待されます。

また、Web ShareでAVIFファイル(.avif)がサポートされるようになりました。AVIFはJPEGよりもはるかに効率的なフォーマットで、GoogleはWeb ShareのサポートによってAVIFが普及することを期待しています。

開発者にとって注目の機能はローカルフォントアクセスのサポートです。ウェブアプリケーションに対し、ローカルフォントを列挙する機能と、フォントのメタデータを提供することで、アプリケーションからこれらのフォントをレンダリングすることができるようになります。

新機能の詳細はChrome Platform Statusで確認することもできます。

S icon タイトル Chrome 安定版
公式サイト https://www.google.co.jp/chrome/browser/
ソフトアンテナ https://softantenna.com/softwares/7003-chrome-stable
説明 Googleの開発するWebブラウザ。

スポンサーリンク