Corellium、M1 Mac上で完全に動作するLinuxを公開

Linux

CorelliumのCTO、Chris Wade氏は、Corelliumの作業によってUbuntu LinuxがM1 Mac上で動作可能になったと発表しました(MacRumors)。同社のセキュリティ研究者が開発した移植版カーネルがGitHubで公開されており、インストールチュートリアルも後日公開される予定です。

CorelliumはUSB経由でLinuxのブートに成功し、USB-Cドングルによるネットワークや、USB、I2C、DARTもサポートしているとのことです。ただしGPUアクセラレーションをサポートしておらず、ソフトウェアレンダリングに依存しているなどいくつかの制限事項も存在します。

Corellium社は今月初めからM1 Mac用Linuxの移植作業に取り組んでいて、以下のような起動画面も先行して公開されていました。

CorelliumはARMを得意とするバーチャルソフトウェア企業で、セキュリティ調査やアプリテストのためのツールを提供しています。またiOSのエミュレーションソフトに関してAppleとの法廷闘争にも巻き込まれています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる