Firefox 100がリリース - HDRビデオのサポートやPicture-in-Pictureの改善など

S 20220504 94627

Mozillaは5月3日(現地時間)、Firefoxブラウザの最新版「Firefox 100」をリリースしました(英語版リリースノート)。最新版はFirefoxのソフトウェア更新機能を利用するか、Windows版Mac版Linux版のセットアップファイルを利用してインストールすることができます。

Firefox 100の新機能は以下の通りです。

  • YouTube、Prime Video、Netflixの動画をピクチャー・イン・ピクチャーで視聴する際のキャプション/字幕表示に対応。ページ内のビデオプレーヤーで字幕をオンにするだけで、PiPで表示されるようになる。
  • Coursera.org、Canadian Broadcasting Corporationなど、WebVTT(Web Video Text Track)形式を採用しているWebサイトのビデオキャプションにもPicture-in-Pictureが対応するようになった。
  • インストール後の初回起動時に、Firefoxの言語とOSの言語が一致しないことを検知し、2つの言語のどちらかを選択できるようにした。
  • Firefox のスペルチェックが複数の言語でスペルをチェックするようになった。追加言語を有効にするには、テキストフィールドのコンテキストメニューで言語を選択する。
  • Mac版FirefoxでHDRビデオがサポートされた。macOS 11+(HDR対応ディスプレイ)のFirefoxユーザは、より忠実なビデオコンテンツを楽しむことができる。HDRビデオをサポートするために手動で設定を変更する必要はない。ただし、バッテリー設定が「バッテリー使用時のビデオストリーミングを最適化」に設定されていないことを確認する。
  • 対応GPU(Intel Gen 11+、AMD RDNA 2 Excluding Navi 24、GeForce 30)を搭載したWindowsで、ハードウェアアクセラレーションによるAV1ビデオデコーディングが有効になった。Microsoft StoreからAV1 Video Extensionをインストールする必要がある場合がある。
  • WindowsでIntel GPUのビデオオーバーレイを有効にし、ビデオ再生時の消費電力を低減。
  • ペイントと他のイベント処理の間の公平性を改善した。これにより、Twitchでのボリュームスライダーのパフォーマンスが顕著に改善された。
  • LinuxとWindows 11のスクロールバーは、デフォルトでスペースを取らない。Linuxではユーザは設定でこれを変更できる。Windowsでは、Firefoxはシステムの設定(システム設定 > アクセシビリティ > 視覚効果 > 常にスクロールバーを表示する)に従う。
  • Firefoxが英国でクレジットカードの自動入力とキャプチャに対応した。
  • 参照元からのプライバシー漏洩を防ぐために、クロスサイトのサブリソース/iframe 要求に対して unsafe-url, no-referrer-when-downgrade, origin-when-cross-origin などの制限の緩い参照元ポリシーを無視するようになった。

これ以外にも細かな変更やセキュリティ修正開発者向け機能の更新が行われています。詳細はリンクを辿りご確認ください。

S icon タイトル Mozilla Firefox
公式サイト http://mozilla.jp/firefox/
ソフトアンテナ https://softantenna.com/softwares/2218-mozilla-firefox
説明 MozillaプロジェクトによるWebブラウザ。