Go 1.19がリリース

S 20220803 100257

Go開発チームは8月2日(現地時間)、プログラミング言語「Go」の最新版「Go 1.19」をリリースしました(公式ブログ)。現在、最新版の実行ファイルやソースファイルを公式サイトからダウンロード可能です。

Go 1.19は、今年初めにリリースされたGo 1.18を洗練し改善したものとなっています。ジェネリック機能に関しては、コミュニティから報告された微妙な問題への対応や、パフォーマンスの向上に焦点を当てた改良が行われています。

docコメントの強化が行われ、リンク、リスト、見出し構文をサポートするようになりました。大規模なAPIを持つパッケージで、分かりやすいdocコメントを書くことが可能となっています。

メモリモデルは、sync/atomicパッケージの動作を明示的に定義するようになり、happens-before関係の正式な定義が、C、C++、Java、JavaScript、Rust、Swiftで使用されるメモリモデルと一致するように改訂されています。メモリモデルの更新に伴い、sync/atomicパッケージにatomic.Int64やatomic.Pointer[T]などの新しい型が追加され、アトム値の利用が容易になっています。

その他、os/execパッケージで相対パスをサポートしない変更や、ガベージコレクタのソフトメモリ制限のサポート、新しいビルド制約unixの導入、その他さまざまな変更が行われています。

変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

タイトル Go
公式サイト https://golang.org/
ソフトアンテナ https://softantenna.com/softwares/6940-go
説明 Googleによって作られたシンプルかつ信頼性の高いオープンソースのプログラミング言語。

スポンサーリンク