Google ChromeのWindows 7サポート期間が2022年1月まで半年延長

Win7 wallpaper large

Googleは11月21日(現地時間)、ChromeのWindows 7サポート期間を2022年1月15日まで延長することを発表しました(Google Cloud Blog)。

当初計画されていたサポート終了日の2021年7月15日から、6ヶ月間延長されたことになりますが、今後も企業ユーザーが直面している状況を評価し、追加の変更があれば案内していくとのことです。

サポート期間延長の理由として、Windows 10への移行の遅れがあげられています。

Windows 7 max 1500x1500

Windows 7の無料サポート期間はすでに終了していますが、多くの組織がいまだにWindows 7を使用中で、21%は移行作業を行っている途中、1%はこれから移行作業を行う予定であることがわかります。

Microsoftも企業ユーザーに対しては有料でWindows 7の拡張セキュリティ更新プログラムを提供しており、Windows 7を使い続けるユーザーはまだしばらく途絶えることはなさそうです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる