Windows 10 November 2021 Updateを正式版公開前にインストールする方法

S 20211030 155450

Microsoftは2021年後半にWindows 10の機能アップデート「Windows 10 November 2021 Update(21H2)」をリリースする予定です。

記事執筆時、Windows 10 Version 21H2はまだ正式にリリースされていませんが、21H2のものとされるISOファイルも公開されており、リリース準備は順調に進んでいる用です。

今回はWindows Insider Programに参加し、Windows 10 Version 21H2を一般公開前にインストールする方法を説明します。

Windows Insider Programに参加して21H2をインストール

21H2を正式公開前にインストールするには、Windows Insider Programに参加する必要があります。まだ参加していない場合、自分のMicrosoftアカウントを登録しておきます。

次に21H2にアップグレードしたいWindows 10マシンをWindows Insider Programに登録します。「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Insider Program」を選択します。

S 20211030 131807

▲「開始する」ボタンをクリックすると、デバイスの登録処理が始まります。

S 20211030 131729

▲なおWindows Insider Programは「オプションの診断データ」がオンでない場合は登録できません。その場合「診断&フィードバック」で「オプションの診断データ」をオンに変更します。

S 20211030 131907

▲Windows Insider Programに参加しているMicrosoftアカウントをリンクし、チャンネルを選びます。21H2をインストールしたい場合「リリースプレビューチャンネル」を選択します。

再起動しWindows Updateを実行します。

S 20211030 132110

▲「Windows 10、パージョン21H2の機能更新プログラム」をダウンロードしてインストールします。

Windows Insder Programをオプトアウトする

21H2インストール後にプレビュー版を使い続けたくない場合、Windows Insider Programをオプトアウトします。

Optout

▲「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Insider Program」で「プレビュービルドの受診を停止する」を「オン」に変更します。これによってWindows 10 Version 21H2がリリースされたタイミングで、デバイスが安定版に戻ることになります

まとめ

Windows 10 November 2021 Update(21H2)をいち早く実行してみたい場合、Windows Insider Programに一時的に参加することでインストールすることができます。あくまでもプレビュー版であるため、重要なデバイスで実行することはおすすめできませんが、新機能を先行して試してみたい場合に役立つテクニックです。

スポンサーリンク