Windows 11 Version 22H2の期待の新機能「ステッカー」を今すぐ使用する方法

S 20220528 105248

2022年2月にAlbacore氏によってはじめて発見された、Windows 11の「ステッカー」機能が、最近のWindows 11 Version 22H2のプレビュービルドで利用可能となっていることがわかりました(gHacks)。

ステッカー機能は、デスクトップにさまざまなデザインの「ステッカー」を貼り付け、自分独自のカスタマイズを楽しむことができるというもです。デスクップに追加したステッカーの位置やサイズは後から簡単に変更でき、デスクトップの壁紙を変更しても、ステッカーは影響をうけません。

以下使用方法を説明します。

Windows 11のステッカーを使用する方法

Windows 11 Version 22H2のRTMビルドとされる「Build 22621」を以降を使用している場合(Windows Insider ProgramのBetaチャンネル。Devチャンネルでは実行できませんでした)、以下の手順でステッカーを有効にできます

  • スタートから「regedit.exe」を検索して実行。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\PolicyManager\current\deviceに移動し新しいキー「Stickers」を作成。
  • Stickersキーを選択し、新規DWORD(32bit)値として「EnableStickers」を作成。値を1に変更する。
    S 20220528 101705
  • 再起動する。

これでステッカーが有効になっているはずです。デスクトップを右クリックし、「ステッカーを追加または編集する」を選ぶと、以下のようなポップアップが表示されます。

S 20220528 105019

▲好みのステッカーをデスクトップに貼り付けることができます。貼り付けたステッカーのハンドルをドラッグしてサイズを変更したり、ゴミ箱アイコンをクリックして削除したりすることができます。

S 20220528 105145

▲「設定 > 個人用設定 > 背景」の「ステッカーの追加」から呼び出すこともできます。

リークした時からパワーユーザーには不評な機能ですが、一般公開された場合に人気がでるのか注目したいと思います。