iPadOS 16にアップグレードできるiPadはこちら

S 20220622 112810

Appleは2022年の秋、iPadOSのメジャーバージョンアップ版「iPadOS 16」をリリースする予定です。

iPadOS 16では、マルチタスク機能を大幅に改善する「ステージマネージャ」の導入や、メッセージ、メールアプリの新機能、ファイルアプリ、天気アプリの改善、コラボレーションアプリ「Freeform」の追加などさまざまな新機能が追加されます。

iPadユーザーならば是非ともアップデートしたいところですが、iPadOS 16にアップグレード可能なiPadは限られています。公式サイトによるとiPadOS 16にアップグレード可能な以下の機種となっています。

  • iPad Pro(全モデル)
  • iPad Air(第3世代以降)
  • iPad(第5世代以降)
  • iPad mini(第5世代以降)

なお、最も注目されている「ステージマネージャ」は、M1を搭載したiPad Pro、iPad Airに限定された機能となっています。Appleの制限に不満を持っているユーザーが多数存在するようですが、現在のところこの制限が変更される可能性はなさそうです。

Appleは現在開発者向けのiPadOS 16ベータを公開していて、7月には一般テスター向けのパブリックベータ版の提供も始まります。上記iPadを持っている場合、これらのベータ版もインストールすることができます。

スポンサーリンク