M1X搭載のハイエンド「Mac mini」はこうなる? - 著名リーカーが主張

Mac mini ports

AppleがMac miniのハイエンド版を開発中で、ポートの追加やM1Xチップの搭載が特徴になるとBloombergが報じているなか、著名なリーカーJon Prosser氏がこの次世代「Mac mini」のレンダリング画像を公開したことがわかりました(MacRumors)。

公開されたレンダリング画像によると、新型のMac miniは既存のMac miniとほぼ同じデザインながら、全体的なサイズが小さくなる模様。筐体はアルミニウム製ですが、天板にガラス素材が採用され差別化が行われます。ポートも強化され、IntelベースのMac miniに搭載されているのと同じ、4つのThunderbolt、2つのUSB-A、イーサネット、HDMIなどのポートが搭載されるとのことです。

Mac mini back2

新型iMac風のツートンカラーのオプションが検討されていて、マグネット式の電源ポートが採用されるだとうと予想されています。

なおM1チップ搭載のMac miniと新型のハイエンドMac miniは並行して販売される見込みです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる