Microsoft Edge 101安定版がリリース - 25のセキュリティ問題が修正

S 20220430 105813

Microsoftは4月28日(現地時間)、Edgeブラウザの最新版「Microsoft Edge 101」をリリースしました。

Microsoft Edgeの最新版は自動更新機能によってインストールされますが、ブラウザのヘルプページ「edge://settings/help」を開き、手動でインストールすることもできます。

Edge 101では、25のセキュリティ問題が修正されており、中にはEdge特有の問題であるCVE-2022-29146CVE-2022-29147も含まれています。最初の脆弱性の深刻度は「中」で、悪用に成功するとブラウザのサンドボックスから脱出される可能性があります。2つ目の脆弱性は、深刻度が「低」で、スプーフィング攻撃につながる可能性があります。

その他、デフォルトのプロファイルを設定する機能の追加や、クライアント証明書スイッチャーの導入、お気に入りバーからProgressive Web Apps(PWA)を起動する機能の追加、「他のストアからの拡張機能を許可する」設定の管理機能の追加、エンタープライズサイトリストマネージャーの改善も行われています。

  • Ability to set the default profile. The EdgeDefaultProfileEnabled policy will let you set a default profile to use when opening the browser instead of the last profile that was used. This policy won't be applicable if the --profile-directory parameter has been specified.

  • Client Certificate Switcher. This feature will offer a way for users to clear the remembered certificate and resurface the certificate picker when visiting a site that requires HTTP certificate authentication. This can be done without manually quitting Microsoft Edge.

  • Launch Progressive Web Apps (PWAs) from the favorites bar. Improvements to the PWA launch experience will start appearing with an Apps icon that can be added to the toolbar.

  • Manage the "Allow extensions from other stores" setting. Now you can use the ControlDefaultStateOfAllowExtensionFromOtherStoresSettingEnabled policy to set the default state of the "Allow extensions from other stores" setting.

  • Improvements to the Enterprise Site List Manager. Now you can configure shared cookies between Microsoft Edge and Internet Explorer on your enterprise site list. You can access the Enterprise Site List Manager at edge://compat/SiteListManager.

また以下のようなポリシーが追加されています。

変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

スポンサーリンク