Parallels 17.1がリリース - vTPMのデフォルト有効化によるWindows 11サポートの改良

Parallels 17

Parallelsは10月14日(現地時間)、Mac用仮想化ソフトウェアの最新版「Parallels Desktop 17.1」をリリースしました(Parallels BlogMacRumors)。

最新版ではホストOSとしてmacOS Montereyが完全にサポートされ、M1 Mac上のVMでmacOS Montereyを実行する際のユーザーエクスペリエンスも向上しています。また、すべてのWindows 11 VMでデフォルトでVirtual Trusted Platform Modules(vTPM)が有効化され、Windows 11仮想マシンのサポートと安定性が向上しています。

またWorld of Warcraft、Age of Empires 2 Definitive Edition、Tomb Raider 3、Metal Gear Solid V: The Phantom Pain、Mount & Blade II: Bannerlord、World of Tanks、Raft、SolarisなどのWindowsゲームのグラフィックスが改善されています。

Virtio GPUではVirGLがサポートされ、サポートされているすべてのMacコンピュータでLinuxの3Dアクセラレーションが可能になり、ビジュアルパフォーマンスが向上し、Linux VMでWaylandプロトコルが使用できるようになっています。VirGL 3DグラフィックはParallels Tools がインストールされていなくても最新のLinux VMで利用できるものの、Parallels Tools のインストールが推奨されています。

新機能の詳細はこちらで確認可能です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる