Parallels Desktop 17 for Macが発売 - Windows 11とmacOS Montereyへ最適化

Parallels 17

Parallelsは本日、Parallels Desktopの最新版「Parallels Desktop 17 for Mac」を発表し、オンラインストアで販売を開始しました。Parallels Desktop 17 for Mac は、Windows 11とmacOS Montereyへの最適化を実現し、Intel Macのほか、Appleシリコン搭載Macにも対応しています。グラフィックス機能とパフォーマンスの改良が行われ、生産性が大幅に向上しています。

Parallels 17では、WindowsとLinuxのレジューム速度が最大38%高速化し、OpenGLグラフィックスの処理が6倍、2Dグラフィックスのパフォーマンスが最大25%向上しています。Appleシリコン搭載Macでは、Windowsの起動時間は33%短縮され、Windows 10 Insider Previewのディスクパフォーマンスが最大20%向上し、DirectX 11のパフォーマンスが最大28%向上します。

Coherenceモードが改善され、シャットダウン、アップデート、サインイン画面がウィンドウに表示されるようになりました。WindowsアプリとMacアプリ間のドラッグ&ドロップが強化され、Montereyのクイックノートのサポートを含め、ウィンドウ間でのテキストや画像のドラッグが可能になっています。

また、M1 Macでは、仮想化されたTPM(Trusted Platform Module)チップにより、BitLockerとSecure Bootを使用できるようになりました。仮想Windows 10はmacOSのバッテリー状態を認識し、Macのバッテリー残量が少なくなったときにバッテリー節約モードをオンにします。

価格は新規ライセンスが8,345円から、アップグレードライセンスが5,204円からで、14日間使用できる試用版もダウンロード可能です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる