Redox OS 0.6.0がリリース - Kernel Memory Managerの刷新を含む多数の改善

0 6 0

Redox OSの最新版「Redox OS 0.6.0」が12月24日(現地時間)にリリースされました(slashdot)。

0.5.0リリース後2年ぶりとなる新バージョンの公開で多数の新機能や改善点、不具合の修正点が含まれています。開発者jackpot51氏は、今後はより頻繁にアップデートをリリースしたいと説明しています。

Redox OSはUnix風のオープンソースオペレーティングシステムで、最近注目のシステムプログラミング言語Rustを使って作られています。v0.6.0では、カーネルメモリーマネージャーRMMの完全な書き換えや、relibcの改良、pkgarと呼ばれる新しいパッケージフォーマットの導入、cookbookの書き換えなどが行われています。

Redox OSのインストールイメージはこちらからダウンロード可能です。