【Tips】Windows 10の標準アプリでPDFファイルを表示する方法

S 20210129 203947

Portable Document Format(PDF)は、Adobeが開発する電子文書のファイルフォーマットです。

Windows上ではAdobeが提供する無料のPDFビューワー「Adobe Acrobat Reader DC」などを利用して、PDFファイルを閲覧することができますが、Windows 10では標準アプリの「Microsoft Edge」を利用してPDFを表示することも可能です。

以下その方法を説明します。

PDFをクリックしてEdgeを選択

Windows 10のファイルエクスプローラーでPDFファイルをクリックすると「このファイルを開く方法を選んで下さい。」というタイトルのダイアログが表示されます(PDFファイルを開くアプリを選択していない場合)。

S 20210129 203758

▲「Microsoft Edge」を選択し、「OK」ボタンをクリックするとそのPDFファイルをEdgeで開くことができます。次回以降もEdgeを使ってPDFを開きたい場合「常にこのアプリを使って.pdfファイルを開く」にチェックを入れておきます。

S 20210129 203901

▲ローカルのPDFファイルが表示されていることがわかります。

まとめ

Windows 10では標準ブラウザである「Microsoft Edge」を使用してPDFファイルを開くことができます。Acrobat ReaderなどのサードパーティアプリをインストールせずにPDFを表示したい場合に覚えておくと便利です。

スポンサーリンク