Windows 10 Version 22H2が10月にやってくる

Windows 10 logo

先日、Windows 11 Version 22H2が正式に公開されましたが、Windows 10の次期機能アップデート「Windows 10 Version 22H2」も来月10月に公開予定であることが、Microsoftのブログの情報から明らかとなっています(Neowin)。

Windows 10 Version 22H2に関する情報はあまり大々的に宣伝されていないようなものの、以下のような情報が記載されています。

As I have previously noted, for customers who are using a device that is not eligible for Windows 11, Windows 10 is a great place to be. Windows 10 will be serviced through Oct. 14, 2025 and we have announced that the next feature update to Windows 10, version 22H2, is coming next month, continuing to offer you both support and choice with Windows.

以前にもお伝えしましたが、Windows 11の対象外の端末をご利用のお客様には、Windows 10がおすすめです。Windows 10は2025年10月14日までサービスを提供し、Windows 10の次の機能アップデートであるバージョン22H2を来月に提供することを発表し、引き続きWindowsによるサポートと選択の両方を提供します。

Microsoftは、Windows 10を2025年10月14日までサポートし、来月10月に、22H2を提供すると説明しています。さまざまな新機能が追加されたWindows 11 Version 22H2と異なり、Windows 10 Version 22H2は、小規模な新機能のみが追加される、機能有効化パッケージとして提供される見込みです。

スポンサーリンク