Windows 11の累積アップデートKB5014697が公開 - 2022年6月の月例更新、Windowsスポットライトのデスクトップ版が導入

S 20220615 91204

Microsoftは本日、毎月米国時間の第2火曜日に提供している月例更新の一環として、Windows 11の累積アップデートKB5014697をリリースしました(Neowin)。

更新プログラムはシステムの品質を改善するもので、新たな機能は追加されていません。

Windows UpdateまたはMicrosoft Update Catalogを利用して導入することが可能で、変更点は以下の通りです(セキュリティアップデートの内容は日本Microsoftのブログで参照できます)。

June 14, 2022—KB5014697 (OS Build 22000.739)

Windows 11用の更新プログラムKB5014697では、5月24日に公開されたKB5014019の内容に加え、Windowsオペレーティングシステムのセキュリティが更新されています。OS内部機能に対する雑多なセキュリティ向上が含まれており、追加の問題は確認されていません。

なお、プレビューアップデートKB5014019では、デスクトップ版のWindowsスポットライトの導入(「設定 > 個人用設定 > 背景」を選択し、「背景をカスタマイズ」で「Windowsスポットライト」を選択する)や、Input Method Editor(IME)が前のテキストを変換している間に文字を入力すると、その文字が破棄される問題の対処など、多数の変更や修正が行われています。

リリースノートは以下の通りです。

ハイライト:

  • Addresses security issues for your Windows operating system.      

改良と修正:

  • This update contains miscellaneous security improvements to internal OS functionality. No additional issues were documented for this release.

更新プログラムには以下の1件の既知の不具合が存在します。

対象 症状 回避策
IT管理者 一部の .NET Framework 3.5 アプリケーションで問題が発生したり、開くことができなくなったりすることがある。Windows Communication Foundation(WCF)や Windows Workflow(WWF)など .NET Framework 3.5の特定のオプションコンポーネントを使用しているアプリ。 Windowsの機能で.NET Framework 3.5とWindows Communication Foundationを再度有効にすることで軽減できる。もしくは管理者権限のコマンドプロンプトで以下を実行。

dism /online /enable-feature /featurename:netfx3 /all
dism /online /enable-feature /featurename:WCF-HTTP-Activation
dism /online /enable-feature /featurename:WCF-NonHTTP-Activation

Windows Updateの他、Microsoft Update Catalogを利用してインストールすることができます。

スポンサーリンク