Windows 11のプレビューアップデートKB5014019がアンチウイルスソフトを破壊

S 20220525 92456

Microsoftが先日公開した、Windows 11用のプレビューアップデートKB5014019が、トレンドマイクロ製品に悪影響を与えていることがわかりました。

トレンドマイクロはこの問題に関して、アドバイザリを公開しており、更新プログラムがランサムウェア対策などを支援するUser Mode Hooking(UMH)エンジンに影響を及ぼしていると説明しています。UMHコンポーネントはトレンドマイクロの複数の製品で使用されていて、ランサムウェア保護などの高度な機能を担っているとのこと。

アドバイザリの内容は以下の通りです。

Trend Micro is aware of a compatibility issue between the User Mode Hooking (UMH) component of several Trend Micro endpoint solutions and the latest Microsoft Windows 11 and Windows Server 2022 optional preview patches (KB5014019) released on May 24, 2022.

トレンドマイクロでは、複数のトレンドマイクロエンドポイントソリューションのUMH(User Mode Hookingコンポーネントと、2022年5月24日にリリースされた最新のMicrosoft Windows 11およびWindows Server 2022用のオプションプレビューパッチ(KB5014019)との間に互換性の問題があることを認識しています。

The UMH component used by several Trend Micro endpoint and server protection products is responsible for some advanced features such as ransomware protection. Trend Micro is aware of an potential issue where customers who apply the optional Microsoft Windows 11 or Windows 2022 optional preview patches (KB5014019) and reboot would then find that the Trend Micro UMH driver would stop.

トレンドマイクロの複数のエンドポイントおよびサーバ保護製品で使用されているUMHコンポーネントは、ランサムウェア保護など一部の高度な機能を担っています。トレンドマイクロは、Microsoft Windows 11またはWindows 2022用のオプションのプレビューパッチ(KB5014019)を適用して再起動すると、トレンドマイクロのUMHドライバが停止する可能性がある問題を認識しています。

Trend Micro is currently investigating this issue further in order to address it before the optional Windows patch becomes mandatory.

現在、この現象について調査を行い、Windowsオプションパッチの適用が義務化される前に対処する予定です。

Customers who have already applied the optional Windows patch may either uninstall the patch temporarily or contact Trend Micro support for further assistance with a UMH debug module.

すでにWindowsオプションパッチを適用されているお客様は、パッチを一時的にアンインストールしていただくか、トレンドマイクロのサポートにご連絡いただき、UMHデバッグモジュールによるサポートを受けてください。

トレンドマイクロは、KB5014019がすべてのWindows 11システムにプッシュされる前に問題を解決すると説明しています。該当する環境の場合、KB5014019のインストールを控えた方が良さそうです。