Music MiniPlayer for macOS - 懐かしのiTunesミニプレイヤーを完全再現したフリーソフト

S 20220526 155230

AppleはmacOSに「ミュージックアプリ(Music.app)」を導入し、iTunesを廃止しました。

ミュージックアプリは、シンプルな操作性を実現するために、肥大化したiTunesの一部の機能が削除されていますが、そのなかにはiTunesミニプレイヤーのように、ユーザーから人気の高かった機能も含まれています。

本日紹介する「Music MiniPlayer for macOS」は、残念ながら削除されてしまった、このiTunesミニプレイヤーを現代に復活させることができる、macOS用のフリーソフトです。

ミュージックアプリが存在するmacOS Big Sur以降の環境で動作し、曲の再生・一時停止やスキップ、プレイリストの変更などが可能です。

以下使用方法を説明します。

Music MiniPlayer for macOSの使用方法

公式サイトの「Download Now」ボタンをクリックし「Music MiniPlayer.zip」をダウンロードします。解凍して中に含まれる「Music MiniPlayer.app」をアプリケーションフォルダにコピーして実行します。

ミュージックアプリで音楽の再生を始めると、Music MiniPlayer.appにも情報が反映されます。

Usage

▲曲の再生・一時停止、スキップ、音量調整が可能です。左側の矢印アイコンをクリックするとプレイリストドロワーを開くことができます。右側のアイコンをクリックすると、ミュージックアプリをフォアグラウンドで表示することができます。

S 20220526 155507

▲プレイリストドロワーを開いたところです。ミュージックアプリを使わなくてもプレイリストを変更することができます。シャッフルやリピートのオン・オフを変更することもできます。

まとめ

Music MiniPlayer for macOSは、懐かしのiTunesミニプレイヤーをピクセル単位で再現したフリーソフトです。AppleのAppKitフレームワークを使用してSwiftで書かれており、IntelベースのMacとAppleシリコンのMacの両方に対応しています。