ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル はりの助
URL http://www.jiyuubito.com/
バージョン 2.45   2.44   2.43   2.42   2.41   2.40   2.39   2.37   2.35   2.34.01   2.34  
更新日 2021/06/19
追加日 2013/08/17
種別 シェアウェア(1155円)
説明 行や列に縛られず自由にレイアウトできる新感覚のワープロソフト。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2021/06/19 ver 2.45

バージョン 2.45 2021年 6月19日
新機能
★ポスター印刷のトンボを指定量だけ外側にシフトする機能を追加しました。
・トンボを端から端まで印刷した場合、確認はしやすくなるがトンボの線が残らないギリギリの位置で切断するのは技術が必要です。うまく切断できなければ線が残ったり、逆に切りすぎてつなぎ合わせたときに必要な部分がなくなったりします。
少しだけシフトすることで線は確実に切り取っても必要な部分がなくならないようになります。
修正
★TABキーで次の枠(リストの上)の選択ができないこと(用紙種類で「用紙分割」「名刺シート」「タックシール」のどれかを選択した上で「両面印刷」か「背面印刷」を設定している場合は除く)を修正。
★ポスター印刷の2枚目以降をはりの助の機能でプレビューをしたときに、表示範囲がシフトされて正しく表示されないことを修正。
★ポスター印刷で「継ぎ目部分を重複して印刷する」にチェックを入れて、「プリンタの印刷不可長さを重複」にチェックを入れていないと、プリンタの印刷不可長さの分だけトンボが内側に印刷されることを修正。

2021/06/06 ver 2.44

バージョン 2.44 2021年 6月6日
新機能
★「分割用紙」に自動両面印刷の機能を追加しました。
・前バージョンで両面印刷のカードの印刷順を指定できるようになったことで、2つの文書ファイルを使って手差しでのカードの両面印刷が可能になりました。
 今回のバージョンアップでは1つの文書ファイルで表面と裏面の両方を編集できるようになったので、自動両面印刷に対応したプリンタを使えば単語カードなどが効率良く作成できます。
★「分割用紙」にページ全体でレイアウト可能な背面印刷機能を追加しました。
・分割した一枚のカードへの編集とは別にページ全体で枠の配置を行える「背面」編集モードができました。
 このモードで作成した枠は全てのページに印刷されるでの、プレゼンソフトのスライドを複数枚レイアウトして印刷する場合のタイトルなどとしても利用できます。
 またこのモードではページ内に印刷されるカード部分が四角形で表示され、カードのない部分・カードのある部分どちらにも枠を配置できます。
 カード部分の背景に模様を印刷したり、カードのない部分にヘッダー・フッターのような枠を印刷することもできます。
修正
★分割用紙で「重ねて切断したときに、束ごとに整列する」に設定し、かつ差込設定画面で印刷データを個別に指定すると、指定状況によって最後のいくつかのデータが印刷されないことを修正。
★差込印刷を設定した状態でリラハープモードでの入力を行う場合に、「次へ」や「前へ」等のボタンを使って次候補を変更するとデータが不正になることを修正。
仕様変更
★新規作成時にはレイアウト範囲を使用すること(「レイアウト範囲を使用しない」のチェックが外れた状態)が初期値となるように変更しました。
Ver.2.43 で「レイアウト範囲を使用しない」が初期値となるように変更したのを元に戻したことになります。
★「分割用紙」選択時の「基本パネル」に「両面設定」と「背面挿入」のボタンを配置しました(枠が全くない状態では表示されません)。
★印刷縮尺率の変更もアンドゥの対象としました。
新機能
(省略されました)

2021/03/18 ver 2.43

バージョン 2.43 2021年 2月16日
★「用紙分割」のカードの印刷順を指定する機能を追加しました。
・「用紙分割(一枚の用紙を分割して複数枚のカード状に印刷する機能)」のカードの開始位置を「左上」「右上」「左下」「右下」から、印刷方向を「横」「縦」から指定する機能を追加しました。
・単語カード(複数列×複数行に分割して用紙の両面に印刷)などを作成する場合、表面は左から右に、裏面は右から左に印刷することで表と裏のデータがきちんと対応するようになります。
★「用紙分割」のカードを印刷・裁断したときに裁断した束を重ねるだけで差し込みファイルの順番になる機能を追加しました。
・プライスカードや名札、卓上札、整理券などを差し込み印刷で印刷後、裁断して一つに束ねたら差し込みデータの順番通りにはなりません。
・順番通りにするには各束から1枚ずつ順番に取って並べる作業が必要でしたが、この機能を使えば一つに束ねた時点で差し込みデータの順番になります。
・差し込みデータの途中までや途中からの印刷でも、あるいは指定したデータだけの印刷でも順番通りになります。計算して差し込みファイルを並べ替えるなどの作業は不要になりました。
★「用紙分割」の「カードのカードの間隔」と「用紙端からの余白」のグループに「寸法も連動して変更」のチェックボタンを追加しました。
・通常は「間隔」や「余白」よりも「寸法」が優先しますが、このボタンにチェックを入れて操作すると「間隔」や「余白」の変更に応じて「寸法」の値を増減します。
「用紙分割」の設定がより簡単になりました。
仕様変更
★新規作成時に「レイアウト範囲を使用しない」が初期値となるように変更しました。
★「枠操作」タブの「用紙をレイアウト範囲に」の表現を「レイアウト範囲を使用しない」に変更しました。
★起動時と新規作成時に操作パネルに表示していた説明を、マニュアルの案内に変更しました。
ボタンをクリックすると該当のマニュアルが表示されます。

2021/01/30 ver 2.42

バージョン 2.42 2021年 1月30日
★「ポスター印刷」(連結用紙)にトンボ(切断線)の印刷機能を追加しました。
・ポスター印刷(「用紙種類」の「連結用紙」と同じ)を選択した場合に各ページの切断位置を示すトンボ印刷の機能を追加しました。
・トンボが残らないようにちょうどの位置で切断するときれいに合わさります。
・トンボは、全体を直線で・辺の両端に短い直線・両端に加えて1〜3カ所を選択できます。
★「用紙分割」と「ポスター印刷」のトンボの色を設定可能
・トンボが判別しやすく、かつトンボが残っていても目立たないように色を選択できます。初期値ではオレンジのような色を設定しています。
★フォント一覧モードでの連続したフォントの変更機能を追加しました。
・フォント一覧モードで、コントロールキーを押したまま別の文字枠をクリックすると、その前に選択していた文字枠のフォント(フォント名のリストで青線で囲まれているフォント名)に変更します。
修正
★ドラッグ操作での枠のコピーかリラハープモードでの2つ目からの枠の追加をした場合に、枠リストが更新されないことを修正。
★枠を選択していないか画像枠を選択している状態で、【はりの助】起動後の一番最初に「枠操作」のタブに切り替えたときに不要なボタンが淡色で表示されることを修正
★簡易差込を設定している場合に「差し込み設定」画面に表示される「一行文字数を連動する」ボタンにチェックが入ったままで変更できないことを修正。
仕様変更
★画像をドラッグ操作で挿入したときのマウスポインタの位置が画像の左上になるように変更しました。
★枠の貼付やドラッグ操作での画像挿入時に用紙から完全にはみ出した位置を指定した場合は、枠の一部(3ミリ程度)が用紙にかかるように変更しました。
・分割した各カードの
  角に点だけ
  十字のマーク
(省略されました)

2020/11/09 ver 2.41

バージョン 2.41 2020年 11月9日
★「用紙分割」の切断位置にトンボを印刷する機能を追加
・用紙種類で「用紙分割」を選択した場合に各カードの切断位置を示すトンボ印刷の機能を追加しました。
分割した各カードの角に点だけ、十字のマーク、カード全体を直線で囲むのように切断用の印を印刷できます。
カードとカードの間に間隔がある場合は、各カードの周囲か、カードとカードの間かも選択できます。
★複数枠の180度回転機能を追加
・複数枠を選択した状態で、それぞれの位置関係を保ったまま同じ範囲内で全ての枠を180度回転します。
上下に折って封筒をつくる場合などに、裏面の住所氏名やメッセージなどは逆向け(上下180度回転)に印刷するような場合に役立ちます。
修正
★通常の差し込み印刷(用紙分割・名刺シート・タックシール及びポスター印刷での差し込み印刷は正常)を行うと印刷に指定したデータの内、奇数番目のデータだけが印刷され、残りのページは全て最終データが印刷されることを修正。
★差し込み印刷の設定をしたポスター印刷(連結用紙)は正しく印刷されるが、通常のポスター印刷では全てが1枚目の内容で印刷されることを修正。
★「用紙種類」の「用紙分割」の設定画面で、カードのサイズ(幅・高さ)を数値入力で変更するとカードの縦枚数が変更されてしまうことを修正。
仕様変更
★画面の最大サイズを、横3840×縦2160に拡大
4Kモニター一杯に拡大して表示できます。長尺印刷やポスター印刷での横断幕・懸垂幕の編集が楽になります。
★印刷位置の調整とトンボの設定用に「用紙詳細設定」ダイアログを追加。
印刷位置の調整とトンボの設定が確認できるようにイメージ図を追加。
★「用紙設定」ダイアログに「印刷位置の調整」を「印刷詳細設定」ダイアログに移動。
★「用紙詳細設定」ダイアログは「用紙設定」のダイアログの「印刷設定」ボタンと「印刷」ダイアログの「詳細設定」ボタンから呼び出せるように変更。
(省略されました)

2020/08/15 ver 2.40

バージョン 2.40 2020年 8月15日
★ポスター印刷での差し込み印刷機能を追加
・ポスター印刷(用紙連結)でも差し込み印刷が可能となりました。
例えばスポーツ大会等の開会式で使用する学校名(団体名)のプラカード作成。
A4用紙を横置きにして横に3枚並べて1団体分の印刷の場合でも、全ての学校名を貼り付けて「簡易差込枠」にするだけの手軽さで差し込み印刷の設定が完了。
1回の印刷操作で全ての団体分が印刷されます。
そのほかにも「会談メッセージ」、「黒板へのはりもの」、「複数枚の貼り紙」等の作成が便利になりました。
修正
★複数枠を選択して、移動やコピーをした場合に最初の枠以外は元の位置になってしまうことを修正。
★表示対象のフォントの数が1ページの表示数より多くて、はりの助の画面の縦サイズと表示対象のフォントの数が特定の関係にある場合2ページ目以降が表示されないことを修正。
★使用するプリンタを設定した文書を開いて、プレビューしてから上書き保存すると、設定したプリンタ名の情報が不正になることを修正。

2020/06/05 ver 2.39

※ 「はりの助フリー」(フリーソフト)では使用できない機能があります。
バージョン 2.39 2020年 6月5日
★「ファイル履歴一覧」を追加
・最近使ったフィルの一覧を別画面で最大50個まで表示します。
★通常のファイル履歴を保存しないように設定可能に
・特別な設定がされているパソコンでファイル操作を行うと「はりの助」が強制終了されてしまう現象に対応。
★差込設定画面での表示データ切替ボタンを変更
・これまでは次の5つのボタンを配置していましたが、
[先頭][前へ][次へ][最終][切替]
[切替]ボタンの代わりに[前頁]と[次頁]の2つを加えて次のように変更しました。
[先頭][前頁][前へ][次へ][次頁][最終]
★「パス変更」時のメッセージを追加
・現在の設定フォルダを表示して変更するかどうかの確認を追加しました。
バージョン 2.38 2020年 3月15日
高知市教育委員会(高知市立学校を主とする)への
専用ネットワーク上での限定公開バージョン

2018/01/31 ver 2.37

バージョン 2.37 2018年 1月31日
新機能
★「カット不要印刷」の新規登録に「取りあえずの新規登録」を追加
・プリンタのプロパティの確認とフチなし印刷の設定をするだけで完了します。
印刷位置のズレの修正と用紙寸法の誤差の修正も印刷も行いません。
★挿入できる画像にEMF形式を追加
・拡大してもギザギザが目立たちません。
・エクセルの表やシェイプ・ワード文書・パワーポイントのスライドなどをフリーソフト「エクワポEMF」でEMFファイルに変換すれば、拡大してもギザギザが目立たないきれいな印刷ができます。
・イラストレーター文書をEMFファイルで書き出せば「はりの助」に挿入することができます。
★ファイル名をコピーしての貼り付けに対応
・ドラッグアンドドロップに加えて、ファイル名をコピーして貼り付けることでファイルの挿入が行えるようになりました。
★レイアウト枠と文字枠の余白の一括変更ボタンを追加
・「用紙設定」のレイアウト枠の余白と、「枠操作」タブの文字枠の余白に「一括変更」のボタンを追加しました。
これまでも「上」の余白を下・左・右の余白に一度にコピーできるボタンがありましたが、「一括変更」のボタンを押すことでより素早く変更できるようになりました。
修正
★用紙設定の用紙種類でラベルテープを選択したあとに長さを120以上に設定しても120に変更される(設定変更では正しく設定できていた)ことを修正。
仕様変更
・「カット不要印刷」の新規登録が簡単になり、測定シートの印刷も1枚だけになりました。
・「カット不要印刷」の設定内容に「印刷品質」を追加しました。
(省略されました)

2016/02/15 ver 2.35

バージョン 2.35 2016年 2月15日
新機能
★「カット不要印刷」の登録機能を追加
用紙サイズとプリンターの組み合わせで登録すれば、連結の枚数にかかわらずフチなしでのポスター印刷が1回または数回のクリックだけで、設定できるようになりました。
用紙寸法の誤差や印刷位置のズレの修正情報も一緒に登録します。
★用紙の寸法を測定する機能を追加
用紙の寸法はメーカーや製品ごとに微妙に異なることがあり、それがつなぎ目の精度に影響します。その誤差を、測定シートを印刷することで0.1ミリより細かな精度で測定できます。
★フチなし印刷時の印刷位置のズレを測定する機能
フチなし印刷では、印刷位置が変わることがありますが、印刷したシートだけでそのズレを測定して修正することができます。
★「連結用紙」を「ポスター印刷」として独立したメニューを追加
メニューの「ポスター印刷」→「ポスター印刷設定」ですぐに指定できます。
仕様変更
・「ポスター印刷」のメニューの新設にとのない、メニューの一部を次のように変更
・「枠の位置とサイズ」を「枠の配置」と名称変更
・「背景と文字」の項目を削除し、その中にあった「背景に設定」は「枠の配置」に、「黒板モード」は「表示」に統合
新機能
★文字の入力途中でも、エンターキーの動作を変更可能
 エンターキーだけで改行にするか、コントロールキー+エンターキーで改行にするかを、文字入力画面のチェックボタンで変更できるようになりました。
 また、メニュー「設定」「オプション」で既定値の変更も可能です。
(省略されました)

2015/10/27 ver 2.34.01

バージョン 2.34.01 2015年 10月27日
修正
★文字飾り(下線・文字囲・背景の色)の間隔が設定できなくなっていることを修正。
★「分割線表示」で行または列のどちらか一方だけの分割設定(1行×2列や3列×1行等の分割)のときに、分割線で区切られたブロックを一時レイアウトにした状態で、中央寄せか分割していない方向(左または上)に移動すると枠が用紙外に消えてしまうことを修正。
仕様変更
「用紙全体をレイアウト範囲に」に設定されている(チェックが入っている)場合は、「分割線表示」の「レイアウト枠で分割」は淡色表示として、チェックボタンを押せないように変更しました。
これに伴い、上記両方に設定されているファイルを開いた場合には、「レイアウト枠で分割」は解除されます。

2015/10/15 ver 2.34

バージョン 2.34 2015年 10月15日
新機能
★文字の入力途中でも、エンターキーの動作を変更可能
 エンターキーだけで改行にするか、コントロールキー+エンターキーで改行にするかを、文字入力画面のチェックボタンで変更できるようになりました。
 また、メニュー「設定」「オプション」で既定値の変更も可能です。
★フォント一覧画面で右クリックメニューを追加
 表示するフォント種類の切替や「お気に入り」に追加・削除などが右クリックメニューでも行えます。
修正
★フォント一覧画面で「使用中」に切り替えたときに、フォント名が表示されなくなっていたことを修正。
★「左端」「上端」「幅」「高さ」の項目を数値で変更する場合の、それぞれの項目名が全て「テスト」と表示されることを修正
★文字枠に余白がある場合の「幅」「高さ」の数値入力画面で、現在値に余白が含まれなくなっていることを修正
仕様変更
文字入力画面(「新規枠作成」と「文字編集」)での改行をコントロール+エンターキーではなく、エンターキーだけに変更しました。
(メニュー「設定」「オプション」で既定値の変更も可能)