Apple、macOS Big Sur 11.6正式版をリリース - 重要なセキュリティ更新を含む

S 20210914 91810

Appleは本日、macOS Big Surの最新アップデート「macOS Big Sur 11.6」の正式版をリリースしました(9to5Mac)。最新版は「システム環境設定 > ソフトウェアアップデート」からインストール可能です。

macOS Big Sur Mac App Store
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
Appleシリコンへの対応が行われたmacOSの最新版。

macOS Big Sur 11.6では、実際に悪用された可能性のある2つの重要な脆弱性が修正されています。CoreGraphicsでは、悪意を持って作成されたPDFを処理すると、任意のコードが実行される可能性があるという問題が、WebKitでは、悪意を持って作成されたウェブコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があるという問題が修正されています。

修正内容は以下の通りです。

CoreGraphics

Available for: macOS Big Sur

Impact: Processing a maliciously crafted PDF may lead to arbitrary code execution. Apple is aware of a report that this issue may have been actively exploited.

Description: An integer overflow was addressed with improved input validation.

CVE-2021-30860: The Citizen Lab

WebKit

Available for: macOS Big Sur

Impact: Processing maliciously crafted web content may lead to arbitrary code execution. Apple is aware of a report that this issue may have been actively exploited.

Description: A use after free issue was addressed with improved memory management.

CVE-2021-30858: an anonymous researcher

アップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトで確認できます(記事執筆時は英語版のみ掲載。日本語版は後日追加される予定です)。

日本語版 https://support.apple.com/ja-jp/HT201222
英語版 https://support.apple.com/en-us/HT201222
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる