Apple、macOS Montereyを発表 - ショートカットアプリの導入や、Safariの更新など

Apple macos monterey facetime messages safari 06072021

Appleは本日、WWDC21でmacOSのメジャーバージョンアップ版「macOS Monterey」を発表しました。FaceTimeの改善や、Safariの改良、集中モードやショートカットアプリの導入が行われています。

Apple macos monterey safari tab group 06072021 big carousel jpg large

macOS Montereyは、ユーザーがさらに多くのことをこなし、集中力を保ち、共同作業がしやすくなるように設計されています。Safariは新しいタブデザインでブラウズ体験が刷新されています。新しいタブバーはウェブページの色を採用し、
「タブグループ」は複数のタブを簡単に保存、管理する新しい方法です。

Macに登場した「ショートカット」は毎日タスクを自動化し、生産性を最大限に高めることができます。「ショートカット」は既存のAutomatorのワークフローを読み込むことができます。

メモには、システム全体で動作する「クイックメモ」が導入され、Safariなど他のアプリを使用中にメモを取るのが簡単になります。またメモにタグを付けて分類し、タグブラウザや、タグに基づくスマートフォルダで簡単に見つけることが可能となります。

集中モードは、現在の作業に関係のない通知を自動的にフィルタして、作業に集中することができる機能で、デバイスを
「集中モード」に設定すると、そのユーザーの所有する他のデバイスも自動的に「集中モード」に設定されます。

「ユニバーサルコントロール」は、1つのマウスとキーボードでMacとiPadを行き来するシームレスな体験を可能にし、Apple Pencilを使ってiPadで絵を描いて、それをMac上のKeynoteスライドに配置するといった作業が実現できます。