Apple、折りたたみ式20インチMacBookを開発中か、一方折りたたみ式iPhoneは2025年まで延期

Foldable iPhone 2023 Feature Blue

Display Supply Chain Consultants(DSCC)のアナリストRoss Young氏が、Appleは折りたたみ式iPhoneを2025年まで延期する可能性が高い一方、全画面の折りたたみ式MacBookを検討していると伝えています(MacRumors)。

DSCCの新しいレポートによると、長年噂されていた折りたたみ式のiPhoneは2025年まで延期されたそうで、これは2023年から2024年に発売されるというこれまでの予測に比べ大幅な遅れだみなされています。延期はサプライチェーン関係者との協議の末に決定されたもで、Appleは折りたたみ市場への参入を急いでいないことを示唆しているとのことです。

ただしAppleは、全画面折りたたみ式ノートPCを検討しており、20インチ前後のディスプレイを搭載した折りたたみ式のノートPCについてサプライヤーと協議している模様。

このデバイスは、折りたたんだ状態ではフルサイズのオンスクリーンキーボードを備えたノートPCとして利用でき、展開した状態ではモニターとして、外付けキーボードと併用できる、デュアルユース製品になる可能性があるとされています。折りたたみ式ノートPCの発売時期は、2025年より遅くなりそうで、2026年や2027年になる可能性があると予想されています。