RHEL9の最先端となる「CentOS Stream 9」がリリース

S 20211204 103307

CentOS開発プロジェクトは12月3日(現地時間)、CentOS Streamの最新版「CentOS Stream 9」をリリースしました(Phoronix)。

CentOS Stream 9のリリースは、CentOS Linux 8の年末のサポート終了に先立ち行われています。また、今回の発表では、CentOS Streamのポジションを改めて明確にする説明が行われています。

説明によると、CentOS StreamはRed Hat Enterprise Linux(RHEL)の各ポイントリリースを提供する継続配信型のディストリビューションで、CentOS Streamにパッケージが正式に導入される前に、自動および手動による一連のテストとチェックが行われ、RHELに含めるための厳格な基準を満たしていることが確認されるとのこと。

CentOS Streamは、RHELと同様に基本的に安定しており、Streamの各メジャーリリースは、Fedora Linuxの安定したリリースから始まります。CentOS Stream 9では、RHEL 9と同じコードベースであるFedora 34から開始し、アップデートされたパッケージがテストに合格し、安定性の基準を満たすと、RHELのナイトリービルドと同様に、CentOS Streamにプッシュされることになります。現在のCentOS Streamの姿は、近い将来のRHELの姿でもあるとのことです。

CentOSプロジェクトは、Fedora 34から分岐したCentOS Stream 9が、Red Hat Enterprise Linux 9の最先端になるまでの軌跡を、次のように可視化しています。

El9

CentOS Streamはコミュニティに焦点を当てた未来志向のもので、基本的には公式なサポートがなくてもRHEL自体と同じように信頼できるものであると説明されています。

スポンサーリンク