【Mac】HomebrewでEmacsをインストールする方法【2022年版】

S 20220421 120659

macOSでHomebrewを使ってEmacsをインストールする方法を説明します。

Emacs」は長い歴史を持ち、愛用しているユーザーも多数存在するテキストエディタです。GUIのほか、ターミナルでも使用できるため、sshでログインしたリモート端末でもローカルと同じように使用できるという利点があります。

以下インストール方法を説明します。

Homebrewでインストール

HomebrewでEmacsをインストールする場合は公式版ではなく、Emacs Mac Port版を使用するのが定番となっています。Homebrew公式版には日本語関連の問題があり、Mitsuharu Yamamoto氏のパッチをあて、railwaycat氏が配布しているEmacs Mac Port版を使うのが最も安定しているからです。

これには以下のコマンドを実行します。

brew tap railwaycat/emacsmacport
brew install emacs-mac --with-modern-icon

# 推奨はシンボリックリンク
ln -s /opt/homebrew/opt/emacs-mac/Emacs.app /Applications
# Alfredで使用する場合
cp -a /opt/homebrew/opt/emacs-mac/Emacs.app /Applications
S 20220421 122009

最後/Applications以下にEmacs.appのシンボリックリンクを作成するよう指示されるのですが、Alfredから起動したい場合はEmacs.appをコピーします。

これは、Alfredでシンボリックリンクが認識されないためです(シンボリックリンクではなくmacOSのエイリアスを作成すれば良いそうですが、Finderを使って操作する必要があり面倒です)。実体をコピーするため、ディスクの消費量が少し増えますが、それほど実害はないかと思います。バージョンアップした場合は毎回コピーし直します。

インストール時に指定している「--with-modern-icon」はモ、ダンなアイコンを使用するオプション指定です。一応確認しましたが、好みによっては削除しても良さそうです。。

Modern icon

▲「--with-modern-icon」ありの場合。

Normal icon

▲「--with-modern-icon」なしの場合。

GUI版は/Applications/Emacs.appが、ターミナル版は/opt/homebrew/bin/emacsが起動します。

まとめ

HomebrewでEmacsをインストールする方法を説明しました。HomebrewでEmacsを使う場合、Emacs Mac Port版を使うというTipsが2022年でも有効なようです。