Internet Explorerのサポートがついに終了

S 20220615 101057

2022年6月15日をもち、Windows 10環境におけるInternet Explorer 11デスクトップアプリケーションのサポートが終了しました。

Microsoftはすでに、後継版である「Microsoft Edge」を、Windows 10やWindows 11のデフォルトブラウザとして採用しており、Windows 10環境では、Windows Update経由で自動的な移行が行われています。サポート終了後は、IE 11(iexplore.exe)は起動しなくなり、代わりにMicrosoft Edgeが起動するようになります。

レガシーなIEベースのWebサイトやWebアプリを使用するためには、「Microsoft Edge with Internet Explorerモード(以下IEモード)」が互換性のために提供されます。

なお、正確には6月15日にサポート終了となるのは、Windows 10の「Semi-Annual Channel (SAC)」環境の、Internet Explorer 11のデスクトップアプリケーションです。

Windows 7(ESU)、Windows 8.1、Windows 10 Server LTSC/SAC、Windows 10 client LTSCなどの環境は別途定められた期日までサポートが継続します。

それぞれの環境Internet Explorer 11のサポート終了日、さらにIEモードのサポート終了日は「Internet Explorer 11 desktop app retirement FAQ」で確認可能です。

スポンサーリンク