Twitter、絵文字リアクション機能をテスト中

Screenshot 2021 09 09 at 09 03 58 2x

TwitterがFacebook風のリアクション機能を追加しようと試みていることは以前から明らかになっていましたが、今回トルコのユーザーを対象に期間限定で、絵文字リアクション機能のテストが正式に実施されていることが明らかになりました(9to5Mac)。

従来のハートのアイコンに加え「😂(うれし泣き)」「🤔(考える顔)」「👏(拍手)」「😢(泣き顔)」のリアクションをテストしているとのこと。EngadgetによるとTwitter社は、アンケートやソーシャルネットワーク上の調査によって、これらのオプションに絞り込んだそうです。

Twitter narrowed it down to those additional four after conducting surveys and researching what the most common words and emoji are in Tweets. It found that the most popular one is the laughing emoji, and that people want to express reactions centered around “funny,” “support/cheer,” “agreement,” and “awesome.” It also identified “entertained” and “curious” as the top emotions people feel when reading tweets.

Its surveys also revealed that “frustration” and “anger” were common emotions experienced by users. While some people wanted to express disagreement with Tweets, the company decided not to incorporate that. Rather, it’s trying to see if the new, more positive emoji will drive “healthy public conversations.”

「フラストレーション」や「怒り」も一般的な感情であることが明らかになったものの、それらの絵文字は「健全な会話」を促進するために好ましくないと判断されて採用されなかった模様です。

新しいリアクションのオプションは、ユーザーが会話の中で自分がどのように感じたかをより適切に表現できるように、また、自分のツイートがどのように受け取られているかをよりよく理解できるように設計されているそうです。

現在、新しいリアクション機能は、トルコのTwitterユーザー向けに期間限定で行われますが、Twitter社によると、トルコでのテスト結果によっては、他の国へ拡大にされる可能性はあるとのことです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる