Twitter、同意なく他人の写真や動画を共有することを禁止

Pexels photo 5417837

Twitterは11月30日(現地時間)、個人情報ポリシーを更新し、その範囲を「プライベートメディア」にまで拡大することを発表しました(CNET Japan)。

現行のポリシーでは、電話番号、住所、IDなどの他人の個人情報をTwitterで公開することはすでに禁止されていますが、これに加えて、同意を得ず他人のプライベートなメディア(写真や動画)を共有することを禁止するとのことです。

同意を得ていない画像や動画が共有された場合、その個人や権限を持つ代理人からの通報によって、Twitter社が画像や動画を削除する可能性があります。

撮影されているのが公人で、メディアとそれに付随するツイートテキストが公共の利益のために共有されている場合や、公共の言論に価値を与えている場合には、このポリシーは適用されないとしています(公人の場合でもあっても、画像が嫌がらせや脅迫を目的としている場合は削除の対象)。

ポリシーに対する違反を報告するには、該当のツイートの右上隅にある3つのドットのアイコンをクリックし「ツイートを報告する」を選択し、「不適切または攻撃的な内容を含んでいる」、「個人情報を含んでいる」の順に選択します。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる