Windows 11でアカウントの種類を確認する方法

S 20220803 112200

Windowsのユーザーアカウントの権限は、「管理者」および「標準ユーザー」の2種類に分けられます。

管理者は文字通り、PCの全ての設定を変更でき、あらゆるファイルやプログラムを操作できるのに対し、標準ユーザーは管理者権限が必要なアプリは使用できず、他のユーザーアカウントの情報や、PCの一部の設定を変更できないという制限が存在します。

個人用のPCの場合、通常使用しているアカウントが「管理者」であることが多いと思いますが、企業や組織のPCでは「標準ユーザー」アカウントを使用しているという方が多いかもしれません。

以下ユーザーアカウントの種類を確認する方法を説明します。

設定画面で確認

Windows 11ではユーザーアカウントの種類を設定画面で確認することができます。

S 20220722 114354

▲スタートメニューを右クリックし「設定」を選択します。

S 20220803 112233

▲左側で「アカウント」を選択します。右上のアカウント名の下に「管理者」と表示されていたら、「管理者」アカウントです。そうでない場合は「標準ユーザー」アカウントとなります。

PCに登録されている他のユーザーのアカウントの種類も確認できます。

S 20220803 112341

▲アカウント画面の「家族とその他のユーザー」を選びます。

S 20220803 112405

▲「他のユーザー」の中にアカウントが一覧表示されます。「管理者」と表示されているアカウントが、「管理者」アカウントです。

コントロールパネルで確認

コントロールパネルで確認することもできます。

S 20220722 120448

▲検索アイコンをクリックし、検索ボックスに「control」と入力します。表示されたアイコンをクリックしてコントロールパネルを起動します。

S 20220803 112514

▲「アカウントの種類の変更」をクリックします。

S 20220803 112608

▲アカウントが一覧表示されます。「Administrator」と表示されているのが管理者、それ以外が標準ユーザーです。

まとめ

Windows 11でアカウントの種類(権限)を確認する方法を説明しました。

Windows 11を使いこなすための情報は以下のページにまとめています。

Microsoftは2021年10月5日現地、Windowsのメジャーバージョンアップ版「Windows 11」の一般提供を開始しました。 Windows 1

スポンサーリンク